珈琲と一人口

今日も一日生きてみましょうか